スカイウェイブのマフラー交換

スポンサーリンク

スカイウェイブの純正マフラーをチタンマフラーに交換

SKYWAVE 250 TypeS (CJ44A)
SKYWAVE 250 TypeM (CJ45A)
1. エキゾーストパイプガスケット
2. マフラコネクタ
3. O2センサー
4. エキゾーストパイプボルト
5. マフラーコネクターボルト
6. マフラーマウントボルト
7. ガスケット

用意するもの

マフラー
BEAMSマフラー SS400チタン フルエキゾースト /スカイウェイブ250 (CJ44型)

実売 \38,000程

【仕様】
サイレンサー部:チタン/発色グランデーション仕上
エキパイ:ステンレス/ポリッシュ仕上げ
バッフル:標準装備 脱着可能
音量:83db スタンダードバッフル(装着済)
:90db セミレーシングバッフル(付属品)
:94db バッフル非装着時
付属品:スタンダード(STD)バッフル(装着済)
:セミレーシングバッフル(90db以下)
:ガスケット
:ビームスアルミ製エンブレム
:取り付け金具一式
:取り扱い説明書
ノーマルセッティングからライトチューンまで対応。
エンドバッフルの脱着で音量の調節が可能。静か目の低音が特徴。
※保安基準音量適合品

ガスケット

SUZUKI : SKYWAVE250
[スカイウェイブ]
(CJ43A/CJ44全車種)

XS-05
\500程
エンジン部とエキゾーストパイプのジョイント部に取り付けます。

私の場合は、新品マフラーに付属していました。

※必ず新品ガスケットを使用して下さいとありますが 純正取り外し時、新しければそのまま使用しても大丈夫と思います

液体ガスケット
スズキ/液体ガスケット 灰色
250g 耐熱性、耐寒性に優れ、-55℃~200℃の広い温度範囲で使用できます。硬化後はゴム弾性体になり、振動、衝撃を良く吸収します。 \3,000
※サイレンサーとエキパイのジョイント部に付けます。

カウルの取り外し

まずは、カウルを取り外します


①ネジを外してステップを取り外す。


②ゴム部を 右側から外す。

③各ボルト、ネジを外す。

④マイナスの精密ドライバなどで芯を引き上げる。

⑤下部にも同じような トメが5カ所あるので 外す

拡大(大小、種類があるので 場所を確認しておく)

⑥このあたりに図のようなトメがあるので堅めのヘラ等で傷を付けないように下向きにこねて外す。

暗いですが、こんな感じ

金具をなくさないように 取り付け時、しっかりはまっているか 確認する。

⑦O2センサーを根元に気をつけて 外す。
取り付け時は、ねじ込み回転を想定して予めよじっておく


⑧六角穴のボルトを2カ所外し。外しにくいので ドライバー等の先が6角レンチに変更できる物を使用すると外しやすい。
⑨エキパイを固定しているベルトのボルトナットを緩める。

⑩マフラーを止めているボルトを全て外す

⑪ジョイント部のナットを緩めてサイレンサー部を外す。
※純正マフラーは、思ったより重いので 注意してください
マフラーを取り付けたら
カウルの取り付け
下側からはめる。金具がはまっているか確認しておく
(ネジ止めする部分)
そうでないと ネジ締め時に空回りして、またカウルを外すことになります。
最後にかぎ爪部分を止<IMG める
確実に爪がはまっているか確認する。
O2センサーは、右回りにねじ込む分を想定して左回りにケーブルをねじって置く。

各マフラー取り付けは、各種類により異なるのでマフラーの説明書を見てください
スプリングをはめるときに苦労しました。が こんな感じです。
油分はしっかり拭き取りましょう。熱で変色します
※もし無くしたら 参考にしてください。
※純正の物とは若干違うと思います。出来るだけ近い物を記載しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Marquee Powered By Know How Media.